ピアノレッスンおすすめ比較(教室VSオンライン) » 子供に効果的!ピアノにまつわる基礎知識 » ピアノレッスンに必要なものって?

ピアノレッスンに必要なものって?

こちらでは、子供のピアノレッスンを始める際のピアノの選び方についてレクチャーします。目的に合わせて、電子ピアノ・アップライト・キーボード、さらに中古ピアノを選んでも良いのか解説します。

一体どんなピアノを買えばよいの?!

お子様がピアノレッスンを始めるにあたって、いずれ購入を検討される方も多いと思います。とはいえ、ピアノは高価な楽器なので、失敗は避けたいもの。そこで、ピアノ種類と特徴を調査しましたので、ぜひご参考に!

ピアノの種類とその特徴とは

電子ピアノ、アップライト、キーボードの特徴からご紹介していきます。個々のピアノに求める目的や向き合い方によって、選択されることをおすすめします。

電子ピアノ

電子ピアノ音源が電子回路になっているピアノ楽器のことを言います。別名ではデジタルピアノ、エレクトロニックピアノとも呼ばれていて、鍵盤の数も88鍵盤と、通常のピアノと同じ数で作られています。

電子ピアノを選ぶメリットは、軽くてコンパクトであること、普通のピアノよりも低価格であること、定期的に調律をする必要ないことなどが挙げられます。

マンション暮らしで、大掛かりなアップライトピアノの搬入が難しいといったお宅でも重宝されているのが電子ピアノです。

最近の電子ピアノは音質やタッチ機能の性能も向上しています。なかには、タッチレスポンスという機能が付いていて、鍵盤を押す強さによって、アコースティックピアノのように音量が変化する機能が付いているものがあったり、ある程度の価格帯になれば、録音や再生機能がついているものもあります。

こういった機能を活用すれば、練習時の自分の演奏を録音して、あとで確認することもできますし、連弾曲を練習したい場合でも、電子機能を駆使して1人で弾くことができたり、電子機能の伴奏を伴って片手練習することが可能です。

デメリットとしては、やはり音の豊かさや広がりなどの面では、アコースティックピアノには、かなわないというところです。

しかし、初心者の人や趣味でピアノを楽しみたい人にとっては、電子ピアノはとても良い楽器といえるでしょう。

アップライトピアノ

一般家庭用や学校などで幅広く使用されているピアノです。グランドピアノよりもコンパクトでリーズナブルな価格帯なので、一般的に人気があります。アップライトピアノは、グランドピアノの弦が床に対して水平に張ってあるのに対して、垂直に張ってあるので、コンパクトな形状にすることが可能になり、ご家庭でも置きやすいサイズ感になりました。

アップライトピアノは、電子ピアノに比べると、音の広がりや音色などにおいて曲調のイメージに近い音が奏でられ、お子様の練習用や趣味で大人が弾く分には申し分ないといえます。

デメリットとしては、その作りの構造上、連打やスタッカート、トリルなどの素早い動きになると、反応に限界が生じてしまう欠点もあります。しかし、初心者レベルのピアノの練習においては、とくに問題はないので、いざ本格的にプロを目指すということになれば、いずれはグランドピアノに買い替える必要があるといったレベルのお話です。

キーボード

特徴は、軽量でコンパクト。音色も豊富で自動伴奏が付いているので、これを使って楽しむこともできます。

最近は、キーボードの鍵盤タッチも進歩していて、鍵盤を強く押し込むとさらに音が強くなったり、ビブラートがかかる機能や、簡単に音の強弱をつけられる機能などもあります。目的に合わせてこれらの機能を使いこなせば、幅広く楽しむことができます。

デメリットとしては、やはりピアノとは根本的に違っているため、ピアノの代理として考えると、音やタッチが大きく異ってしまうということです。ピアノの場合は鍵盤を押すと、アクションがハンマーに伝わり、ハンマーが弦を打って音を奏でるため、弾く人によって全く違う音が出たりと奥深いものがあるので、楽器としての複雑さや奥深さを求めたい方は不十分と感じるかもしれません。

中古のピアノにも色々な魅力があります

子どもの習い事や趣味のためにピアノを選ぶなら、中古ピアノも選択肢に入れても良いでしょう。

中古ピアノは、新品に比べて音色などの変化が少なく安定感があることが特徴です。また、質の良い年代のモデルや、希少価値が高いものなども手に届きやすい価格で入手できるので、新品を購入するより選択肢が多いこともメリットといえるでしょう。

デメリットは、やはり新品に比べて寿命が短いということと、前の持ち主の使い方によって状態が左右されるため、コンディションが良いものを見分けることが必要になることです。

最近の中古ピアノ市場では、お子様が小さい頃に少し弾いた程度のコンディションが良い状態のものが豊富にあるそうです。せっかくならピアノを用意したいと考えるご家庭では、検討してみても良いと思います!

ピアノ教室がネットで受けられる!子供へおすすめのピアノレッスンはこちら>>

  • ピアノレッスン選ぶならどっち?
  • おすすめオンラインレッスンママ目線の体験レポート

pagetop