ピアノレッスンおすすめ比較(教室VSオンライン) » 子供に効果的!ピアノにまつわる基礎知識 » 習い事にぴったり!子供の脳に与える影響

習い事にぴったり!子供の脳に与える影響

こちらでは、子供の習い事で人気のピアノレッスンをすることで得られる効果と、幼児の脳に与える良い効果とその理由についてご紹介しています。

ピアノは子どものIQやHQを向上させます!

お子様の習いごととして今も昔も人気が高いピアノ教室ですが、子どもがピアノを子供が習うことで、IQ(一般的知能)とHQ(人間性知能)が向上することが証明されているのだそうです。

バラエティ番組の『ホンマでっかTV』の中で、脳科学者の澤口俊之先生が「習い事をさせるならピアノが最もいい」「ピアノは脳機能を高める効果がある」と発言されていたこともあるように、ピアノレッスンが注目されています。

澤口先生のお話によると、「現在、学術的に証明されている限りにおいて、ピアノほど脳にいい習い事はない」そうで、ピアノは脳機能をまんべんなく育てて「地頭」を良くする効果が認められているとのことです。

ここで出てきたHQというのはどんなものかと言いますと、「人間らしい人生を送るための脳力」のことで、夢や目的に向かって適切に行動する「未来志向的行動力」や、理性や思いやり、協調性を身につけてうまく生きていくための「社会関係力」のことをいうのだそうです。

このHQが向上することで、夢を実現したり社会的な成功が得られたり、さらには良好な恋愛や結婚生活、運動能力や言語能力の器用さやIQの向上にもつながっていくのだそう。最近ではIQも大事ですが、人間として幸せに生きていくためにはHQのほうが大切だともいわれて注目されている能力なのです。

ピアノが子どものHQを向上させる理由とは?

一体、ピアノの何がHQを向上させる効果を持っているのでしょうか?

ピアノが子どものHQを向上させる最大の理由は、ピアノが両手を並列に、かつ複雑に使って弾くことと関係があるようです。

特筆すべき特徴は、両手を同じように使うようでいて、じつはまったく異なっている点がポイント。これは、非常に高度な動作なのだそうです。

ピアノを弾くことは、この反復行為の繰り返しになるために、自然とあらゆる脳機能をアップしてしまうというメリットがあります。

さらに、ピアノは基本的には楽譜を見ながら弾きますが、ある部分を弾きながらも次に弾く楽譜を先読みしていくため、一時的にも自然と楽譜を記憶しながら演奏していることになります。こういった行為も、HQを向上させる効果があるそうですよ。

ほかにも、そろばんやサッカーも、同じようにHQを向上させる効果があるのですが、ピアノほど万能に脳機能を高めてくれる習いごとは他にはないそうです。

脳の構造まで変える効果も!?

IQやHQの向上だけにとどまらず、ピアノは脳の構造まで変えてしまうということが証明されているそうです。

脳にどんな変化があるかといいますと、脳の監督役とも呼ばれる前頭前野が構造的に発達して、HQの長期的な発達につながるうえに、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなるために、脳の左右のバランスが劇的に良くなるのだそうです。

さらに、小脳という部分も大きく発達するため、運動機能や知的機能、感情的機能も向上するほか、海馬とよばれる部分も発達するので、記憶力がアップして学力の向上につながるというメリットもあるようです。

このように、ピアノレッスンを受けることは、脳機能をまんべんなく育てて脳の構造を変化させてくれるので、「地頭」そのものをよくすることができるのだそうです。

ピアノレッスンにこんなにもメリットがあるというのは本当に驚きですよね!やっぱりピアノは、子どもに習わせたい習いごとNO.1と言えるでしょう。

子供のピアノレッスンを始めるなら!おすすめ教室をチェック>>

  • ピアノレッスン選ぶならどっち?
  • おすすめオンラインレッスンママ目線の体験レポート

pagetop