ピアノレッスンおすすめ比較(教室VSオンライン) » 子供に効果的!ピアノにまつわる基礎知識 » ピアノを始める年齢っていつがいいの?

ピアノを始める年齢っていつがいいの?

こちらでは、子供がピアノレッスンを始めるのに最も効果がある年齢はいつか、能力が伸びやすいベストな時期やピアノレッスンを受けることで身につく力についても解説しています。

ピアノレッスンを始めるもっとも効果的な時期とは

ピアノ子どもに何か習いごとをさせたいけれど、どうせならば子どもの成長に有益な習いごとがいい!と思う親御さんは多いと思います。

そんな中でもピアノは、「子どもに習わせたい習いごと」というアンケートで堂々1位を獲得しています。実際にピアノを習うと、子どもにとって非常にメリットが多いことが分かっています。ピアノレッスンは、先生+保護者+発表会という三つの場によって、子どもの感性を大いに育む可能性を秘めているのだそうです。

何歳までにピアノを習わせるべき?

より良い影響を与えるには、4~7歳の幼児期なのだそうです。その理由は、聴感覚に秘密があります。人間の聴感覚は4~7歳までの幼児期に急激に発達して、あとは横ばいになるのだそう。この多感な時期に、さまざまな音を聴いたり、歌ったり、ピアノを弾く体験を重ねることで、より高い効果が生まれてくるのです。

4歳以下でも習える!ピアノレッスン体験レポートをチェックしてみる>>

幼児期のピアノは様々な能力が身につく

それでは、実際に幼児期にピアノを始めることでどんな能力が芽生え伸びていくのでしょうか?

幼児期にピアノを習い始めると、演奏が上達しやすいことはもちろん、キレにくくて穏やかな性格になったり、感情や情緒を育んで、心の働きを豊かにするための情操教育に良い効果もあるようです。

また、何回も反復練習の習慣をつけることで、忍耐力がつくともいわれています。ピアノのレッスンでは、毎週課題曲を先生からもらい、子どもは再び練習をしますよね。子どもの頃からこのような習慣を身につけておくことは、将来の受験勉強や部活など粘り強さが必要な時の手助けになるのです。

さらに、幼児期にピアノを習うことで、外国語に適応しやすくなるという研究結果もあるようです。たとえわずか数年習っただけであっても、ピアノなどの音楽教育を受けることで、音の高低差や外国語の処理能力、騒音の中で人の音声を聞き分ける能力も優れることがわかっています。

語学力アップや精神的な安定だけでなく、運動神経にも良い影響を与えることが判明しています。

ピアノを演奏するには、視覚・聴覚の刺激と手の動きを連動させる必要があるので、脳内の動作を司る部位と知覚を司る部位を連携させる力が身に付いて、これが運動神経にも良い影響を及ぼすのだそうです。そして、この研究によると7歳までに習わせないと効果が薄れるそうです。

HQを高めたり、親子で喜びを分かち合う副産物も

この時期にピアノを習うと、わずか数年習っただけでも脳の機能が向上して頭が良くなり、読む能力や数学の能力にも長け、知能テストで高得点をマークしているお子様が多くいらっしゃるようです。また、HQ(人間性知能)を高めることができるので、一般知能、問題解決能力、運動能力、言語能力なども高まるそうです。

なぜピアノがそんなに有効なのかというと、ピアノを弾くことは両手の指を細かく動かしながら、その先の音を譜読みして、記憶を辿りながら適切に演奏するということが、脳の機能やHQを高める訓練になるそうです。

ピアノのレッスンを通して、子どもに何らかの目標が持たせることができたり、発表会の場などを通じて、今まで練習してきた達成の喜びを家族で分かち合うことができることも副産物といえるでしょう。ピアノは個人レッスンが多いというところもポイントで、両親には言えない悩みを先生に相談したりする子もいるようです。お子様にとって、学校以外にこういった場があるというのも良いですよね。

脳機能もアップ!7歳までに習わせたい子供向けピアノレッスンをチェックする>>

  • ピアノレッスン選ぶならどっち?
  • おすすめオンラインレッスンママ目線の体験レポート

pagetop