ピアノレッスンおすすめ比較(教室VSオンライン) » 弾けるようになりたい!目的別 子供のピアノ練習法 » 合唱コンクールで伴奏を弾きたい

合唱コンクールで伴奏を弾きたい

こちらでは、合唱コンクールで伴奏を弾くお子様のために、ピアノの伴奏レッスンで気を付けるポイントや練習のコツ、伴奏に臨む際の心の持ちようについて説明しています。

合唱コンクールでの伴奏は今でも憧れの的

合唱あるテレビ番組で教育評論家の尾木ママこと尾木直樹先生がおっしゃっていましたが、小学校や中学校でクラス替えを行う際に、まず一番最初に振り分けられるのが「ピアノが弾ける子」なのだそうです。

年間の行事として合唱コンクールを行う学校が多い中、伴奏が弾ける子どもが各クラスにいなければ公平にならないので、合唱コンクールを成り立たせるためにも、ピアノを弾ける子を各クラスに分散させるのだそうです。

実際に、ピアノを習っているお子様の中には、合唱コンクールで伴奏を弾きたい!という夢を持っている子や、実際に伴奏者に選ばれたので練習法を教えてほしいという子もいらっしゃるようです。ピアノの伴奏というのは、ただ自分で弾くだけではなく、クラスのみんなの歌声が乗るため、息を合わせて弾く必要があります。そこで弾き方のコツや、伴奏者としての心構えについてご紹介していきますね。

2歳児から習えるピアノレッスンの体験レポートをチェックしてみる>>

伴奏レッスンで気をつけたいポイントは?

小さい頃からピアノを習っていて、小学校や中学校の学校行事や合唱コンクールでピアノの伴奏者に選ばれた方もいらっしゃると思います。なかには、ピアノ伴奏者のオーディションを受けて伴奏者の座を勝ち取るために、課題の楽譜を持参してピアノ教室に相談に行かれる生徒さんもいるようです。ピアノの伴奏者って、それくらい憧れの存在なのですね。

ピアノを習っているお子様にとって、合唱コンクールのピアノ伴奏者に選ばれることは、とても誇らしく、そして同時にプレッシャーを感じることでもあるようです。合唱コンクールに力を入れている学校もあるので、その場合のプレッシャーは物凄いものがありますよね。そのプレッシャーの中、本番で伴奏をやりきるためには、きちんと練習をこなして、メンタル面でもその緊張を楽しめるくらいになれたら素敵だなと思います。

伴奏者はどんなピアノレッスンを行えばよい?

合唱曲の場合は、ピアノの発表会や練習曲として弾く一般的なクラシックの曲や、キャッチーなポピュラーとも違って、独特のテンポや雰囲気、リズム感を持っている曲がほとんどです。

そして、歌う側にとってはあまり感じないのかもしれませんが、ピアノ伴奏者にとっては、長い楽曲となっています。

たいていの場合、最初にその曲の長さに気後れして、練習の際に譜読みの段階で尻込みしてしまう生徒さんが多いようです。まずは、譜読みの段階で根をあげないために、ちょっと工夫をすることで、精神的にラクになる方法があります。例えば、頭から順番に譜読みしなければいけないと決めずに、分かりやすいところから手を付けていったり、伴奏パターンが繰り返しになっている同じ小節を探して、楽譜を読み解き整理する方法などがあります。

とりあえず弾ける!という部分を先に増やしていって、同じパターンの部分を見つけていくことで、曲自体がコンパクトに感じられるようになります。こうすることで、合唱曲の譜読みが精神的に楽になりますし、曲の理解もスムーズにいきますよね。

テンポ・リズム・フィーリングが大切です

譜読みができたあと、実際にピアノで伴奏を練習する時に気をつけたいポイントがあります。合唱曲のピアノ伴奏の練習で大切なことは、テンポ感・リズム感・フィーリング。この三つです。

まずはテンポ感についてですが、合唱コンクールの場合、ピアノの伴奏は指揮者と共に、ペースメーカーの役割を果たします。ピアノ伴奏のテンポが狂えば、歌っているみんなもつられてテンポがくるってしまうことになるので、伴奏者はテンポキープ力を身につけることが大切になります。

そのためにも、実際に課題曲を練習するときは、必ずメトロノームを使用して行うことがポイントです。合唱曲はテンポが一定のものもありますが、曲中でテンポが変わる曲も多くあるので、その場合でも、伴奏者はしっかりとテンポをキープする必要があります。全体のペースを乱さないためにも、メトロノームに合わせて弾けるように、最初から練習に取り入れて行うとよいでしょう。

次に大切なのが、リズム感です。合唱曲は強いメッセージ性を持っていることも特徴です。歌詞を歌にのせるときは、リズムが大事になりますが、合唱曲は詩や散文詩が元になっていることも多々あるので、メロディに対して歌詞が字余りになっていたり、言葉が主体となっていてメロディーが追従する形になるので、リズムを崩しやすいものでもあります。伴奏者のリズムが乱れてしまうと、歌声が乱れ、歌詞のメッセージ性も薄れてしまうので、リズム感に気を付けながら練習をしましょう。

最後のポイントは、フィーリング。つまり雰囲気のことです。合唱コンクールの課題曲には、各合唱曲が持っている独特の雰囲気がありますよね。体育館や音楽ホールなどの会場で曲を弾く場合、曲のスケールが小さくまとまってしまわないように、曲の雰囲気をデフォルメして演奏することをおすすめします。練習の際は、その曲が持つ雰囲気が観客の方に伝わりやすいように、強弱や発想記号などをとことん意識して、大げさに付けて演奏するとよいでしょう。

そして、伴奏者を担当する方にとって最も大切なことは、何があっても曲を止めないことです。伴奏が止まってしまうと、歌が止まってしまう恐れもあるので、本番ではたとえ失敗してしまっても、多少のミスは気にしない!絶対に曲だけは止めない!という覚悟を持って臨みましょう。

  • ピアノレッスン選ぶならどっち?
  • おすすめオンラインレッスンママ目線の体験レポート

pagetop